芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ・C・スコット 氏George Campbell Scott

俳優[アメリカ]

1999年 9月22日 死去享年73歳

 - ウィキペディアより引用

ジョージ・キャンベル・スコット(George Campbell Scott, 1927年10月18日 - 1999年9月22日)はアメリカ合衆国バージニア州出身の俳優。
1945年から1948年まで海兵隊に参加。
その後、ミズーリ大学でジャーナリズムを学ぶが、演劇に興味を持つようになり、1年で大学を去る。
ブロードウェイの舞台に出演するようになり、『The Andersonville Trial』などで高い評価を得る。
1959年に映画デビューし、同年ジェームズ・スチュワートと共演した『或る殺人』でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。
1961年にも『ハスラー』で助演男優賞にノミネートされたが、この時は即座にノミネートを辞退した。
1970年には『パットン大戦車軍団』でアカデミー主演男優賞を受賞したが、これを辞退した。
栄えあるアカデミー賞の受賞辞退という前代未聞の行動が話題になった。
この時、スコットは主催者へ丁重に辞退を申し入れたが、別の所では「あんなのは皆、下らないお祭り騒ぎさ。

関連作品