芸能人・経営者のおくやみ情報

トマス・ホッブズThomas Hobbes

哲学者[イギリス]

1679年 12月4日 死去享年92歳

トマス・ホッブズ - ウィキペディアより引用

トマス・ホッブズ(Thomas Hobbes, 1588年4月5日 - 1679年12月4日)は、清教徒革命(イングランド内戦)から王政復古期にかけてのイングランドの哲学者。
17世紀の近世哲学にあって、ルネ・デカルトなどと共に機械論的世界観の先駆的哲学者の一人であり、バールーフ・デ・スピノザなどとともに唯物論の先駆的思索を行った哲学者の一人である。
政治哲学者としての側面は広く周知され、人工的国家論の提唱と社会契約説により近代的な政治哲学理論を基礎づけた人物として一般的に知られる。
王太子時代のイングランド王チャールズ2世の家庭教師でもあった。
概要[編集] イングランド国教会の聖職者の子として生まれる。
1588年、スペインの無敵艦隊襲来というニュースにショックを受けた母親は産気づき、予定より早く出産した。
このため「恐怖と共に生まれた」といわれる。
1608年にオックスフォード大学を卒業した後、デヴォンシャー伯爵家(後のデヴォンシャー公家)に家庭教師として仕える。
1610年から1630年代にかけて貴族の子弟とともにヨーロッパ大陸へ三度旅行し、フランスやイタリアの哲学者や科学者と交流した。
清教徒革命前の1640年に自分の身を案じてフランスへ亡命し、後に国王となったチャールズ2世の家庭教師を務める。
最もよく知られる著作『リヴァイアサン』は、イングランド内戦が終結してオリバー・クロムウェルの統治下にあったイングランド共和国に帰国した1651年に刊 ……

関連作品

トマス・ホッブズが亡くなってから、344年と228日が経過しました。(125874日)