芸能人・経営者のおくやみ情報

渋沢成一郎(しぶさわせいいちろう)

幕臣、実業家[日本]

(彰義隊 頭取)

1912年 8月30日 死去享年75歳

 - ウィキペディアより引用

渋沢 成一郎(しぶさわ せいいちろう、1838年7月30日〈天保9年6月10日〉 - 1912年〈大正元年〉8月30日)は、幕末から大正期の日本の豪農、攘夷運動家、武士、実業家。
諱は英明、号は廬陰。
成一郎は武士身分であった時代の名乗り(通称)。
旧名及び明治以降は渋沢喜作(しぶさわ きさく)を名乗った。
族籍は東京府平民。
幕末に従弟の渋沢栄一らとともに攘夷運動をしていたが、後に一橋家に召し抱えられて徳川慶喜に仕える。
鳥羽・伏見の戦い後、彰義隊を結成し頭取となるも副頭取天野八郎との対立で脱隊。
その後振武軍を組織して官軍に抗するも敗北、箱館で敗北した後に官軍に逮捕された。
1871年の出所後、渋沢栄一の推挙で大蔵省に出仕。
1873年に出張先のイタリアから帰国後に退官して小野組に入社、同社破産後渋沢栄一の援助で渋沢商店を創立。
東京深川で回米問屋、神奈川横浜で生糸売込問屋を経営した。
東京商法会議所設立発起人、深川正米市場初代総行事、東京商品取引所理事長、大日本人造肥料取締役なども務めた。

関連作品

  • タイトル
    上野彰義隊と箱館戦争史
    種別
    単行本
    著者
    • 菊地明
    出版社
    新人物往来社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,947 [¥693 (26%) off]
    中古商品
    ¥1,690より

渋沢成一郎が亡くなってから、109年と260日が経過しました。(40072日)