芸能人・経営者のおくやみ情報

宇沢弘文 氏(うざわひろふみ)

経済学者[日本]

2014年 9月18日 死去肺炎享年87歳

宇沢(宇澤) 弘文(うざわ ひろふみ、1928年(昭和3年)7月21日 - 2014年(平成26年)9月18日)は、日本の経済学者。
専門は数理経済学。
東京大学名誉教授。
意思決定理論、二部門成長モデル、不均衡動学理論などで功績を認められた。
1983年文化功労者、1989年日本学士院会員、1995年米国科学アカデミー客員会員、1997年文化勲章、2009年ブループラネット賞。
Econometric SocietyのFellow(終身)。
1976年から1977年までEconometric Society会長。
浅子和美、吉川洋、小川喜弘、清滝信宏、松島斉、宮川努、岩井克人らは東京大学の宇沢ゼミ出身。
デイヴィッド・キャス、カール・シェル、ミゲル・シドロスキーらは博士課程指導学生。
ジョセフ・E・スティグリッツ、ジョージ・アカロフらは、シカゴ大学時代、宇沢の授業を受けたことがある。
小島寛之は大学等の公的な機関を通してでなく、私的な形で宇沢の薫陶を受けた。
数学者の宇澤達は長男。

関連作品

宇沢弘文さんが亡くなってから、8年と70日が経ちました。(2992日)