芸能人・経営者のおくやみ情報

阿波野青畝 氏(あわのせいほ)

俳人[日本]

1992年 12月22日 死去心不全享年93歳

阿波野 青畝(あわの せいほ、1899年(明治32年)2月10日 - 1992年(平成4年)12月22日)は、奈良県出身の日本の俳人。
本名は敏雄。
旧姓・橋本。
原田浜人、高浜虚子に師事。
昭和初期に山口誓子、高野素十、水原秋桜子ととも「ホトトギスの四S」と称された。
「かつらぎ」主宰。
市井の生活を材に、鷹揚な表現で自在な句境を構築した。
古典を素地にした叙情性も特徴。
句集に『万両』(1931年)、『除夜』(1986年)など。

推定関連画像

阿波野青畝さんが亡くなってから、31年と215日が経ちました。(11538日)