芸能人・経営者のおくやみ情報

伊東深水(いとうしんすい)

日本画家[日本]

1972年 5月8日 死去がん享年74歳

 - ウィキペディアより引用

伊東 深水(いとう しんすい、1898年(明治31年)2月4日 - 1972年(昭和47年)5月8日)は、大正・昭和期の浮世絵師、日本画家、版画家。
本名、一(はじめ)。
娘は女優・タレント・歌手の朝丘雪路。
孫は女優の真由子。
歌川派浮世絵の正統を継いでおり、日本画独特のやわらかな表現による美人画が有名。
人気の「美人画」以外の画題を描きたくとも、それ以外の注文が来ず、画家として困惑する時期もあったという。
本妻の好子をモデルに大作を数多く発表し、評価を高めた。
戦後は美人画とも並行し、個人的に独自の題材で日本画を制作することが多かった。
人気のあまり、戦後には多くの作品が複製版画として頒布されるようになった。

関連作品