芸能人・経営者のおくやみ情報

ホンタイジ

清朝第2代皇帝[清]

1643年 9月21日 死去

ホンタイジ(満州語: ᡥᠣᠩᡨᠠᡳᠵᡳ 転写:hong taiji、皇太極,日本語読み:こうたいぎょく)は、清(後金)の第2代皇帝。
君主としての称号は満州語でスレ・ハン(sure han)、モンゴル語でセチェン・ハーン。
皇太極は皇太子、黄台吉とも表記される。
三田村泰助は明の陳仁錫『山海紀聞』や李朝の『朝鮮王朝実録』の「仁祖実録」などを根拠に、本名は「ヘカン」であったとする説を提示している。
なお、「ホンタイジ」という単語は上述の通り「皇太子」や「王」「福王」などの意味を含んでおり、満州族以外のユーラシア大陸北方遊牧民の間で広く使われた君主号の一種であり、本記事の人物以外にも「ホンタイジ」を名乗った者は多く、同時代だけを見ても複数いる。
例えばホンタイジの死後、乾隆帝によって滅ぼされたジュンガルの歴代王は「ホンタイジ」の称号を名乗っていた。

ホンタイジが亡くなってから、378年と323日が経過しました。(138388日)