芸能人・経営者のおくやみ情報

一条天皇(いちじょうてんのう)

第66代天皇[日本]

(寛弘8年6月22日崩御)

(ユリウス暦) 1011年 7月25日 死去

 - ウィキペディアより引用

一条天皇(いちじょう てんのう、天元3年6月1日(980年7月15日) - 寛弘8年6月22日(1011年7月25日))は、平安時代中期の第66代天皇(在位:寛和2年6月23日(986年8月1日) - 寛弘8年6月13日(1011年7月16日))。
諱は懐仁(やすひと)。
円融天皇の第1皇子。
母は藤原兼家の娘、詮子。
兄弟姉妹はない。
永観2年(984年)、花山天皇の時、皇太子に立てられる。
寛和2年(986)6月23日(8月1日)、花山天皇が内裏を抜け出して出家したため、数え年7歳で即位した。
これは孫の早期即位を狙った兼家の陰謀と言われる(寛和の変)。
皇太子には冷泉天皇の皇子居貞親王(三条天皇)を立て、摂政に藤原兼家が就任した(のちに関白)。
兼家の死後は長男の道隆が引き続き外戚として関白を務め、一条天皇の皇后に娘の定子を入れ、中宮を号させるが、長徳元年(995年)に病没。
代わりに弟の道兼が関白に就任するがわずか7日後に没し、道隆の子伊周との争いに勝利した道隆・道兼の弟道長が、姉で天皇の生母・詮子の推挙を受け、内覧となって実権を掌握した。

関連作品