芸能人・経営者のおくやみ情報

栗栖継 氏(くりすけい)

翻訳家、チェコ文学者[日本]

2009年 4月18日 死去享年100歳

栗栖 継(くりす けい、男性、1910年7月18日 - 2009年4月18日)は、翻訳家、チェコ文学者、共産主義者、エスペランティスト、日本エスペラント学会顧問、世界エスペラント協会名誉会員、日中友好文通の会会長。
息子の栗栖茜は医師・翻訳家・エッセイスト。
1910年7月18日、和歌山県に生まれる。
本名は継之進(つぐのしん)。
父が自殺したため母子家庭で育つ。
家が貧しく、中学校の修学旅行に行くことができず、学校に残って自習したことがある(1927年)。
その自習中、英語の教師からエスペラントの存在を初めて知った。
大阪外国語学校フランス語部(後の大阪外国語大学フランス語学科を中退する。
1930年、肺結核を患い、神戸の結核療養所に入院する。
当時のインテリの若者の常として、共産主義運動に共鳴していたが、この病弱さゆえ、自分が革命運動に貢献できるかどうか悩んでいた。
その当時、雑誌「戦旗」に掲載された「プロレタリアとエスペラント語」という論文を読み、エスペラントにより革命運動に参加できると考え、エスペラントを学習する。

くりす-けい 1910-2009昭和-平成時代のエスペランティスト,チェコ文学者。明治43年7月28日生まれ。戦前からエスペラントの翻訳と紹介にたずさわり,昭和24年小坂賞。チャペック「山椒魚戦争」,ハシェク「兵士シュヴェイクの冒険」などのチェコ文学の紹介者として知られた。平成21年4月18日死去。98歳。和歌山県出身。大阪外国語学校(現・大阪外大)中退。本名は継之進(つぎのしん)。 (引用元 コトバンク)