芸能人・経営者のおくやみ情報

醍醐敏郎 氏(だいごとしろう)

柔道家[日本]

2021年 10月10日 死去享年96歳

 - ウィキペディアより引用

醍醐 敏郎(だいご としろう、1926年1月2日 - 2021年10月10日)は、日本の柔道家(講道館十段)。
戦後の柔道界を牽引した1人であり、同時期に活躍した松本安市、吉松義彦、石川隆彦、夏井昇吉らと繰り広げた数々の名勝負は、現在も柔道界の歴史に刻まれる。
講道館研修員や警察大学校師範として後進の指導にも当たり、モントリオール五輪やロサンゼルス五輪では男子柔道競技の監督を務めた。
2006年には講道館より事実上の最高段位である10段に列せられている。

関連作品

醍醐敏郎さんが亡くなってから、8日が経ちました。