芸能人・経営者のおくやみ情報

レイ・チャールズ 氏Ray Charles Robinson

歌手ピアニスト[アメリカ]

2004年 6月10日 死去肝臓がん享年75歳

レイ・チャールズ - ウィキペディアより引用

レイ・チャールズ・ロビンソン・シニア(英語: Ray Charles Robinson Sr.[note 1]、1930年9月23日 - 2004年6月10日)は、アメリカ合衆国・ジョージア州オールバニ出身の歌手、作曲家、ピアニスト。
史上最も象徴的で影響力の強い歌手の1人とみなされており、同世代の人々からしばしば「"The Genius"(天才)」と呼ばれていた。
友人および音楽仲間の間では「"Brother Ray"」と呼ばれることを好んだ。
幼少期に緑内障が原因とされる盲目というハンディを背負った。
1950年代、ブルース、ジャズ、リズム・アンド・ブルース、ゴスペルを融合して「ソウルミュージック」を創った第一人者として、アトランティック・レコードでレコーディングを行なった。
1960年代、ABCレコードにて『Modern Sounds in Country and Western Music』、『Modern Sounds in Country and Western Music Volume Two』の2枚のModern Soundsアルバムをリリースしてジャンルを越えた成功を収め、カントリー・ミュージック、リズム・アンド・ブルース、ポップ・ミュージックの融合にも貢献した。
ABC在籍中、チャールズは主要レコード会社により芸術的決定権が与えられた最初の黒人音楽家の1人となった。
1960年、ヒット曲「我が心のジョージア」は「ビルボード」誌のシングルチャートで第1位を獲得した3曲のうちの1曲目となった。
1962年のアルバム『Modern Sounds in Country and Western Music』は「ビルボード」誌のアルバムチャートで第1位を獲得した最初のアルバムとなった。
「ビル ……

推定関連画像

レイ・チャールズさんが亡くなってから、20年と45日が経ちました。(7350日)