芸能人・経営者のおくやみ情報

東龍太郎 氏(あずまりょうたろう)

医学者、官僚、元東京都知事[日本]

1983年 5月26日 死去享年91歳

東龍太郎 - ウィキペディアより引用

東 龍太郎(あずま りょうたろう、1893年(明治26年)1月16日 - 1983年(昭和58年)5月26日)は、日本の医学者・官僚。
東京大学名誉教授。
東京都知事(第4・5代)、日本赤十字社社長(第10代)等を歴任した。
位階勲等は正三位勲一等旭日桐花大綬章。
学位は医学博士(東京帝国大学)。
称号は東京都名誉都民、日本赤十字社名誉社長等。
父・藤九郎は医師。
弟の東武雄は、東大野球部の投手として活躍。
妻は東京帝国大学総長を務めた山川健次郎(枢密顧問官、男爵)の三女・照子。
大阪府出身。
藤九郎の長男。
天王寺中学校、一高を経て、東京帝国大学医学部卒業後、ロンドン大学に留学し、物理化学・生理学を専攻。
帰国後、東京帝大助教授を経て1934年に教授に昇進。
戦時中は海軍司政長官・南西方面海軍民政府衛生局長・結核予防会理事を歴任した。
戦後は厚生省医務局長等を経て茨城大学長に。
1959年、自由民主党の推薦で東京都知事に立候補し、日本社会党等が推した有田八郎らを破って当選。
以後1967年まで2期8年都知事を務めた。
東京都知事退任後1967年から1969年まで東邦大学の学長を務めた。

あずまりょうたろう [生]1893.1.16.大阪[没]1983.5.26.東京医学博士,政治家。1917年東京大学医学部卒業。1934年同大教授。1946年教授兼任で厚生省医務局長を務め,医療制度の改革を進めた。1947年から1958年まで日本体育協会会長,また1950年から1968年まで国際オリンピック委員会IOC委員を務めた。その間1959年に東京都知事に当選,2期8年間の在任中の1964年,東京オリンピック競技大会の招致・開催を実現した。終身IOC名誉委員。1975年オリンピック・オーダー銀章受章。 (引用元 コトバンク)