芸能人・経営者のおくやみ情報

グリエルモ・マルコーニGuglielmo Marconi

発明家[イタリア]

(無線通信の発展に貢献し、ノーベル物理学賞受賞)

1937年 7月20日 死去心筋梗塞享年64歳

 - ウィキペディアより引用

グリエルモ・マルコーニ(Guglielmo Marconi、1874年4月25日 - 1937年7月20日)は、無線電信の開発で知られるイタリアの発明家、起業家。
1909年、無線通信の発展に貢献したとして、ブラウンとともにノーベル物理学賞を受賞した。
1916年より短波開拓に着手し、日中でも遠距離通信が可能な「昼間波」を発見。
1924年、英国郵政庁より短波公衆回線の建設を請負い、「昼間波」と「ビームアンテナ」の二刀流で短波黄金時代を切り拓いた。
1933年には世界初のUHF実用回線を完成させたほか、UHF波が曲がることを発見している。
実業家としても戦間期の国際政治を左右するほど成功した。
1897年にマルコーニ無線電信会社(英語版)を創立した。
イギリスのマルコーニ社は一世紀以上もの間ゼネラル・エレクトリック・カンパニーとして知られていたが、1968年にはイングリッシュ・エレクトリック他多数の電機会社と合併して、1999年に防衛機器部門をBAEシステムズに売却し、残った事業がマルコーニ株式会社という名前で存続している。
1919年、アメリカン・マルコーニ社がゼネラル・エレクトリック、AT&T、ウェスティングハウスに買収されてRCA となった。
1928年3月16日、ジョン・ペンダーと政府受注を争った末に、帝国代表者会議の立会いで、ペンダー側イースタン電信会社とマルコーニ無線電信会社間で保有比率56.25対43.75とする持ち株会社をつくることで合意した。
代表者会議による審議は続き、7月6日に勧 ……

関連作品