芸能人・経営者のおくやみ情報

徳岡神泉 氏(とくおかしんせん)

日本画家[日本]

1972年 6月9日 死去享年77歳

徳岡 神泉(とくおか しんせん、1896年2月14日 - 1972年6月9日)は、京都市生まれの日本画家。
本名、時次郎。
京都写生派の流れに立った写実を発展させ、神泉様式とも表現される幽玄かつ象徴的な独自の日本画は、戦後の日本画に大きな影響を与えた。
作品全体に深い印象を与える繊細な地塗りも有名。
1966年(昭和41年)文化勲章受章。
生涯 1896年(明治29年)2月14日、京都市上京区に生まれる。
1909年(明治42年)に土田麦僊の紹介で竹内栖鳳の画塾竹杖会に入り、本格的に画を学ぶ。
翌年には京都市立美術工芸学校絵画科に入学。
卒業までの4年間に、金牌、銀牌を獲得するなど優秀な成績を修め、卒業制作の『寒汀』は学校買い上げの栄誉を受けた。
その後、京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)へ進学する。
しかし、ここまで順調であった神泉だが、思わぬ挫折を味わうことになる。
当時の京都画壇では、官展に入選することが画家としての第一歩と考えられていた為、当然神泉も学校在籍時から文展へ出品するが、ことごとく落選。