芸能人・経営者のおくやみ情報

イレーヌ・ジョリオ=キュリーIrene Joliot-Curie

原子物理学者[フランス]

1956年 3月17日 死去白血病享年60歳

イレーヌ・ジョリオ=キュリー - ウィキペディアより引用

イレーヌ・ジョリオ=キュリー(Irene Joliot-Curie、1897年9月12日 - 1956年3月17日)は、フランスの原子物理学者。
父はピエール・キュリー、母はマリー・キュリー。
妹はエーヴ・キュリー。
(左から)ピエール、イレーヌ、マリー パリに生まれ、パリ大学でポロニウムのアルファ線に関する研究で学位を取得。
1926年、母マリーの助手だったフレデリック・ジョリオと結婚。
1934年に30Pを合成し、1935年、「人工放射性元素の研究」で、夫フレデリックと共にノーベル化学賞を受賞した。

関連作品

  • タイトル
    イレーヌ・ジョリオ=キュリー
    種別
    単行本
    著者
    • ノエル・ロリオ
    • 伊藤力司
    • 伊藤道子
    出版社
    株式会社共同通信社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥264
    中古商品
    ¥264より

イレーヌ・ジョリオ=キュリーが亡くなってから、68年と119日が経過しました。(24956日)