芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリエッタ・スワン・リービットHenrietta Swan Leavitt

文学者[アメリカ]

1921年 12月12日 死去享年54歳

 - ウィキペディアより引用

ヘンリエッタ・スワン・リービット(Henrietta Swan Leavitt 、1868年7月4日 - 1921年12月12日)はアメリカの女性天文学者である。
ケフェイド変光星の変光周期と光度との間に相関があることを発見し、1912年に小マゼラン雲内のケフェイド変光星の周期に関する研究を発表した。
この発見は天体までの距離の測定に利用され、後に渦巻星雲や楕円型の星雲が銀河系内の天体か銀河系外の天体かについての大論争に決定的な影響を与えることになった。