芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリー・ノリス・ラッセルHenry Norris Russell

文学者[アメリカ]

1957年 2月18日 死去享年81歳

ヘンリー・ノリス・ラッセル(Henry Norris Russell、1877年10月25日 – 1957年2月18日)は、アメリカ合衆国の天文学者、1910年にアイナー・ヘルツシュプルングと独立にヘルツシュプルング・ラッセル図(HR図、Hertzsprung-Russell diagram)を提案した。
ニューヨークに生まれて、プリンストン大学などで学んだ。
1905年にプリンストン大学に戻り、1912年から1947年に引退するまでプリンストン大学天文台の所長を務めた。
1927年にレイモンド・スミス・ドゥーガン(Raymond Smith Dugan)、ジョン・クインシー・スチュワート(John Quincy Stewart)と共著で『 Astronomy: A Revision of Young’s Manual of Astronomy』 (Ginn & Co., Boston, 1926–27, 1938, 1945)を著し、これは長年にわたって、天文学の標準的な教科書となった。

ヘンリー・ノリス・ラッセルが亡くなってから、64年と292日が経過しました。(23668日)

「ヘンリー・ノリス・ラッセル」と関連する故人