芸能人・経営者のおくやみ情報

長沢工 氏(ながさわこう)

文学者[日本]

2019年 10月28日 死去享年88歳

長沢 工(ながさわ こう、1932年7月24日 - )は日本の天文学者。
日本における流星天文学の事実上の基礎を築いた重要人物の一人である。
履歴・業績 1932年(昭和7年)栃木県那須の旧家を実家とする地権者の子として生まれる(出生地は東京府北豊島郡練馬町、現・東京都練馬区)。
栃木県立那須農業高校定時制を卒業。
東京大学理学部物理学科天文学課程(現・東大理学部天文学科)を卒業。
在学中、広瀬秀雄の天体力学に出会い、卒業後も内容を完全に理解するまで、復習を止めなかったとの話である。
大学院時代に流星に関する論文を初めて執筆した。
理学博士の学位取得後、東京大学地震研究所に勤務しながら流星を研究し、特に流星の軌道計算法の研究・改良を生涯続けた(彼のこの研究によって、流星の軌道要素決定の理論に関する理解が非常に進んだ)。
また流星観測用カメラを自作し、流星の継続的観測も行った。
1965年11月、しし座流星群の大出現に遭遇。
当時は流星群大出現の予想は出されていなかったが、彼個人は観測体制をとり、彼の観測によって流星の実態の研究が更に前進した。

関連書籍