芸能人・経営者のおくやみ情報

ハインリヒ・オルバースHeinrich Wilhelm Matthäus Olbers

文学者物理学者[ドイツ]

1840年 3月2日 死去享年83歳

ハインリヒ・ヴィルヘルム・マティアス・オルバース(Heinrich Wilhelm Matthias Olbers, 1758年10月11日 - 1840年3月2日)は、18〜19世紀ドイツ・ブレーメンの天文学者・医師。
天文台などに属さないアマチュア天文学者であったが、本業の医業のかたわら熱心に観測を行い、19世紀初頭に四大小惑星のうちの2つを発見した。
特に彗星に興味を持ち、当時のドイツの彗星観測の権威ともみなされていた。
また、かつて宇宙論上の長年の謎であったオルバースのパラドックスに名を残していることでも知られる。
3番目の名マティアスをマテーウス (Matthäus, /maˈtɛː.ʊs/) とする文献もある。
通常はヴィルヘルム・オルバースと呼ばれた。
カナ書きでの姓はオルベルスとも書かれる。

ハインリヒ・オルバースが亡くなってから、181年と272日が経過しました。(66382日)