芸能人・経営者のおくやみ情報

石井輝男 氏(いしいてるお)

映画監督脚本家[日本]

2005年 8月12日 死去肺がん享年82歳

石井輝男 - ウィキペディアより引用

石井 輝男(いしい てるお、1924年〈大正13年〉1月1日 - 2005年〈平成17年〉8月12日)は、日本の映画の監督、脚本家である。
本名:北川 輝男(きたがわ てるお)。
東宝に撮影助手として入社。
新東宝で『女体桟橋』などの佳作を発表した後東映に移り、高倉健主演の『網走番外地シリーズ』が連続でヒット作となった。
東映のヒットメーカーの一人であり、1968年(昭和43年)より東映ポルノと呼ばれる一連の作品を発表した。
また、松竹や日活でも作品を発表している。
1970年代までにポルノとアクション映画を量産した。
ただ石井輝男はエロスだけの監督ではなく、前衛舞踏の土方巽を登場させるなど、表現規制を打ち破ること、芸術志向と娯楽作品が同居した監督だった。
1990年代はつげ義春・江戸川乱歩の世界へ傾倒した。

関連作品

石井輝男さんが亡くなってから、18年と312日が経ちました。(6887日)