芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・S・バロウズ 氏William Seward Burroughs II

作家[アメリカ]

1997年 8月2日 死去享年84歳

ウィリアム・S・バロウズ - ウィキペディアより引用

​ウィリアム・シュワード・バロウズ二世(William Seward Burroughs II、1914年2月5日 - 1997年8月2日)は、アメリカの小説家。
1950年代のビート・ジェネレーションを代表する作家の一人。
1960年代にJ・G・バラードらによってニュー・ウェーブSFの輝く星として称えられた。
その後も、パフォーマンス・アーティストのローリー・アンダーソンや、ロックミュージシャンのカート・コバーン(ニルヴァーナ)らによって、最大級の賛辞を受けている。
私生活では、ウィリアム・テルごっこをして誤って妻を射殺したり、同性愛の男性にふられて小指を詰めたりするなど、何かとエピソードに事欠くことがなかった。
1914年、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイスに生まれる。
ニューヨーク州生まれの祖父ウィリアム・シュワード・バロウズ1世はキー入力式歯車式加算機を安定駆動する油圧装置を発明した発明家で、バロース加算機社(創業からちょうど100年目に当たる1986年に、バロース社がスペリー社を買収し、世界第2位のコンピュータ企業ユニシス社となった)を設立したことで知られる。

William Seward Burroughs, Jr. アメリカ合衆国の小説家。 1914年2月5日、生まれ。1997年8月2日、死去。 セントルイス出身。 ハーバード大学卒業。 (引用元 Hatena Keyword)