芸能人・経営者のおくやみ情報

真田幸隆(さなだゆきたか)

戦国武将[日本]

(天正2年5月19日没)

(ユリウス暦) 1574年 6月8日 死去享年62歳

 - ウィキペディアより引用

真田 幸隆 / 幸綱(さなだ ゆきたか / ゆきつな)は、戦国時代の武将。
信濃の在地領主で、甲斐国の戦国大名である武田氏の家臣。
息子三人と共に、武田二十四将にも数えられる。
幼名は次郎三郎、通称は源太左衛門、剃髪して一徳斎と号す。
諸系図では幸隆と記されるが、確実な同時代史料においては幸綱と記され、また子に“隆”を通字とする者がまったく居ない事などから、永禄5年頃までは幸綱と名乗り、幸隆は晩年に改めたものであると考えられている 。
「幸隆」の名に関して、『高野山蓮華定院過去帳』では一徳斎の道号に伴い「一徳斎幸隆」と記されており、道号は原則として音読みされることから、「幸隆」の読みは「こうりゅう」であるとも考えられている 出身は信濃小県郡の名族海野氏で、海野平合戦でいったん所領を失うが信濃に侵攻した武田晴信に仕えて旧領真田本城(松尾城)(長野県小県郡真田町)を回復。
以後も武田家の信濃先方衆として活躍し、後の真田氏の礎を築いた。

関連作品