芸能人・経営者のおくやみ情報

水上瀧太郎(みなかみたきたろう)

作家[日本]

1940年 3月23日 死去脳溢血享年54歳

 - ウィキペディアより引用

水上 瀧太郎(みなかみ たきたろう、1887年12月6日 - 1940年3月23日)は日本の小説家、評論家、劇作家、実業家。
本名阿部章蔵。
「三田文学」発表の「山の手の子」で出発。
明治生命保険会社専務、大阪毎日新聞社取締役で長く実業と文学を両立した。
強い道義性と文明批評性に特色がある。
第2次「三田文学」復刊後は同誌の精神的主幹と呼ばれた。
水上瀧太郎誕生 阿部 章蔵1887年12月6日東京市麻布区飯倉町死没 (1940-03-23) 1940年3月23日(52歳没)言語 日本語国籍 日本最終学歴 慶応義塾大学理財科卒ジャンル 小説、随筆代表作 『貝殻追放』(1920-41年,随筆評論集)『大阪』(1922年)『大阪の宿』(1925-26年)『銀座復興』(1931年) ウィキポータル 文学テンプレートを表示

関連作品