芸能人・経営者のおくやみ情報

塩川文麟(しおかわぶんりん)

日本画家[日本]

1877年 5月11日 死去享年77歳

塩川 文麟(しおかわ ぶんりん、文化5年(1808年) - 明治10年(1877年)5月11日)は、江戸時代末から明治初期の日本画家。
幼名は隼人、字は子温もしくは士温、号は初めは雲章、後に文麟、別に可竹斎や泉声答斎や木仏老人など、通称は図書(ずしょ)。
幕末の京都を代表する絵師の一人で、同じ四条派の横山清暉、岸派の岸連山、円山派の中島来章と共に、幕末の平安四名家と称された。

関連作品