芸能人・経営者のおくやみ情報

沼田憲保 氏(のまたのりやす)

オートバイレーサー、全日本ライダー[日本]

2007年 9月4日 死去レース中の事故による胸部破裂享年42歳

沼田 憲保(ぬまた のりやす、1966年4月26日 - 2007年9月4日)は、茨城県日立市出身のモーターサイクル・ロードレースライダー。
雨天でのレースに強く、「雨の沼田」の異名をとった。
生涯[編集] デビュー~全日本時代[編集] 1988年にSP250クラスでデビュー。
ノービス時代は、ミラージュ関東に籍をおき、1990年のSUGO選手権では3クラスでチャンピオンを獲得した。
翌年に特別昇格で国際A級ライセンスを得ると、スズキワークスのRGV‐Γ250開発兼任で全日本ロードレース選手権250ccクラスにフル参戦を開始した。
原田哲也・岡田忠之・青木宣篤ら強豪がひしめく中、まだポテンシャルの低かったマシンで苦戦を強いられ、初表彰台(3位)に立ったのは1992年第3戦だった。
原田らがロードレース世界選手権に進出した1993年には第9戦で初優勝するも、マシンの性能差や宇川徹の台頭などがありランキング5位で終わる。
1994年にはランキング2位、1995年には翌年ロードレース世界選手権参戦が決定していた宇川を退けクラス・チャンピオンの栄光を掴んだ。
1996年には、加藤大治郎や芳賀紀行の兄である芳賀健輔との争いを制し連覇を成し遂げた。
世界グランプリ時代[編集] スズキは1997年からロードレース世界選手権GP250での参戦を決定し、アリー・モレナー・レーシングのエースライダーとして沼田もフルエントリーされた。
サーキットのデータ不足やマシンの性能差は彼を苦しめ、2年で沼田は撤退。
再び全 ……

推定関連画像

沼田憲保さんが亡くなってから、16年と325日が経ちました。(6169日)

「沼田憲保」と関連する故人