芸能人・経営者のおくやみ情報

大森実 氏

ジャーナリスト[日本]

2010年 3月25日 死去享年88歳

大森 実(おおもり みのる、1922年1月13日 - 2010年3月25日 日本時間3月26日)は日本のジャーナリスト。
兵庫県神戸市出身。
1965年、毎日新聞外信部長として特派員団を組織・派遣し、ベトナム戦争の現地取材にあたらせた。
これは後に『泥と炎のインドシナ』として単行本となる。
大森自身も同年秋に西側記者として初めて北ベトナム(当時)の首都ハノイに入り、取材をおこなった。
その中で、1965年10月3日朝刊に「米軍が北ベトナム・クインラップのハンセン病病院を爆撃したことは、北ベトナムの撮影した記録フィルムから見て事実だ」とする記事が掲載された。
これに対して駐日アメリカ大使のエドウィン・O・ライシャワーが「全く事実に反する内容」と大森を名指しで批判する事態に発展した。
毎日新聞側は当初「報道は正確である」と主張したが、大森は翌年1月に、同紙の姿勢について「自分の報道を事実上修整した」として退職した。
退社し独立後は、主に米国から見た日本のスタンスに警鐘を鳴らすなど、テレビ出演や多くの著書を上梓した。

関連書籍

おおもり-みのる 1922-2010昭和後期-平成時代のジャーナリスト。大正11年1月13日生まれ。昭和20年毎日新聞大阪本社に入社。ニューヨーク支局長,ワシントン支局長をへて,37年外信部長。ベトナム戦争報道「泥と炎のインドシナ」の記事が駐日アメリカ大使から抗議をうけ,41年退社。42年「東京オブザーバー」紙を創刊したが,45年廃刊。のちアメリカにすんで活動。平成22年3月26日死去。88歳。兵庫県出身。神戸高商卒。著作に「国際事件記者」「戦後秘史」など。 (引用元 コトバンク)