芸能人・経営者のおくやみ情報

森崎東 氏(もりさきあずま)

映画監督脚本家[日本]

2020年 7月16日 死去享年94歳

森﨑 東(もりさき あずま、1927年11月19日 - )は、日本の脚本家、映画監督である。
1927年、長崎県島原市に生まれる。
京都大学法学部を卒業。
1956年、松竹京都撮影所に入社する。
1965年、大船撮影所に移籍し、野村芳太郎監督や山田洋次監督の助監督、脚本を手がける。
1969年、『喜劇・女は度胸』で監督デビュー。
以降、『男はつらいよ フーテンの寅』をはじめとする喜劇を撮り続ける。
一連の作品により、1971年、芸術選奨新人賞を受賞する。
1974年、フリーとなる。
1975年、『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』を発表。
1996年、『美味しんぼ』を監督する。
2003年、第4回東京フィルメックス審査員を務める。
2004年、『ニワトリはハダシだ』が第17回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、最優秀芸術貢献賞を受賞した。
2005年、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
2013年、9年ぶりの新作となる『ペコロスの母に会いに行く』を発表、第87回キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位に選ばれた。

関連作品