芸能人・経営者のおくやみ情報

今井清一 氏(いまいせいいち)

左派歴史学者[日本]

(横浜市立大学名誉教授・日本近現代史)

2020年 3月9日 死去肺炎享年97歳

今井 清一(いまい せいいち、 1924年2月7日 - )は、日本の歴史学者・政治学者。
横浜市立大学名誉教授。
専門は日本近代政治史。

群馬県前橋市出身。
1955年、藤原彰・遠山茂樹との共著『昭和史』は亀井勝一郎らとの「昭和史論争」を起こした。
妻の父親は尾崎秀実。

前橋中学校(現群馬県立前橋高等学校)、第一高等学校 (旧制) 第一高等学校を経て、1942年東京大学 東京帝国大学法学部政治学科入学、1945年9月卒業、1947年に東京帝国大学大学院に入学。
1952年横浜市立大学専任講師、1955年同助教授、1960年同教授。

『日本近代史(2)』(岩波書店, 1977年)
『大空襲5月29日――第二次大戦と横浜』(有隣堂, 1981年/新版, 1995年)
『日本の歴史(23) 大正デモクラシー』(中央公論社, 1966年/中公バックス, 1971年/中公文庫, 2006年)

関連作品