芸能人・経営者のおくやみ情報

フリーマン・ダイソン 氏Freeman John Dyson

理論物理学者[イギリス→アメリカ]

2020年 2月28日 死去享年98歳

 - ウィキペディアより引用

フリーマン・ダイソン(Freeman John Dyson、1923年12月15日 - )は、イギリスクロウソーン生まれのアメリカ合衆国の理論物理学者、宇宙物理学者。
ケンブリッジ大学卒業、コーネル大学大学院卒業。
プリンストン高等研究所名誉教授。
若くしてダイソン方程式を発表、量子電磁力学の完成に大きな寄与をなした。
宇宙分野では恒星の全エネルギーを利用する「ダイソン球」や、彗星を覆う巨大植物「ダイソン・ツリー」、遺伝子工学によって育てられた宇宙船「宇宙の鶏(アストロチキン)」、惑星・恒星をも移動させる装置を考案するなど、気宇壮大なアイデアを連発し、SFにも多大な影響を与えた。
原子力発電の研究にも携わっている。
数学に関わる分野でもいくつかの注目すべき仕事がある。
ランダム行列の研究が最も重要だが、これは後にリーマン予想の研究を活発化させる契機にもなった。
1996年に証明された、「全ての偶数は高々6個の素数の和で表せる」というオリヴィエ・ラマレの定理も、フリーマンが発見した補題が重要である。

関連作品