芸能人・経営者のおくやみ情報

桑原甲子雄 氏(くわばらきねお)

写真家[日本]

2007年 12月10日 死去老衰享年95歳

桑原 甲子雄(くわばら きねお、1913年12月9日 - 2007年12月10日)は、日本の写真家、写真評論家、編集者。
東京市下谷車坂町(現東京都台東区東上野)に生まれる。
濱谷浩とは幼なじみ。
1926年に東京市立第二中学校(現都立上野高校)入学。
1931年の卒業後、体をこわし進学を断念。
家業の質屋を手伝うが商売が厭わしく、同じ町内に住んでいた濱谷の影響もあって、中古のベスト・ポケット・コダックを手に入れ写真を撮りはじめる。
1934年にはライカI(C)型をフォーディス距離計付きで父親に200円で買ってもらい、アマチュア写真家として活発に活動を始め、1934年のうちに浅沼商会発行の写真雑誌『写真新報』主催、シュミット商会協賛のライカ作品公募コンクール第2回の特賞を獲得している。
主として上野、浅草など東京の下町を撮影し『アサヒカメラ』、『フォトタイムス』、『カメラアート』などの写真雑誌で多くの入選を果たした。
1936年の成績が第1位だったため1937年に『カメラアート』の第1回推薦作家となり、2月号が特集『桑原甲子雄推薦号』となった。

関連作品

【くわばらきねお】 写真家。東京生れ。1931年写真を撮り始める。第2次大戦前はアマチュア写真家として写真雑誌を中心に活躍,自然なまなざしで東京をとらえた。戦後は,《カメラ》(アルス社),《サンケイカメラ》(産業経済新聞社),《カメラ芸術》(東京中日新聞社),《季刊写真映像》(写真評論社),《写真評論》(東京綜合写真専門学校出版局)各誌の編集長に就任,自ら評論を執筆するとともに,編集者として手腕を振るう。1970年代に戦前の写真が再評価された。写真集に《東京昭和十一年》(1974年),《満州昭和十五年》(1974年),《東京1934〜1993》(1995年)など。 (引用元 コトバンク)