芸能人・経営者のおくやみ情報

東松照明 氏(とうまつしょうめい)

写真家[日本]

2012年 12月14日 死去肺炎享年83歳

東松 照明(とうまつ しょうめい、男性、1930年1月16日 - 2012年12月14日)は、愛知県名古屋市出身の写真家。
戦後日本を代表する写真家の一人。
ヨーロッパやアメリカでも写真展を開くなど、海外での評価も高い。
近年は長崎、沖縄、愛知、京都など特定のエリアに焦点を当てた写真展を開いている。
1930年 - 愛知県名古屋市に生まれる 1954年 - 愛知大学法経済学部経済学科在学中、土門拳・木村伊兵衛が審査員を務める「カメラ(CAMERA)」の月例コンテストに応募。
学内新聞に発表した「皮肉な誕生」が反響を呼ぶ。
卒業後『岩波写真文庫』のスタッフになる。
1956年 - フリーとなる 1958年 - 「地方政治家」を題材にした作品群で日本写真批評家協会新人賞受賞 1959年 - 奈良原一高、細江英公らと写真家集団「VIVO」設立(61年解散) 1961年 - 土門拳らと広島、長崎の被爆者、被爆遺構などを取材、『hiroshima-nagasaki document 1961』(第5回日本写真批評家協会作家賞)を刊行 1963年 - アフガニスタンを取材 1969年 - 写真集「沖縄に基地があるのではなく基地の中に沖縄がある」出版。

長崎や沖縄をテーマに戦争の影が色濃く残る作品などを数多く残した写真家、東松照明(とうまつ・しょうめい、本名・てるあき)さんが昨年12月14日午後0時50分、肺炎のため那覇市内の病院で死去した。82歳だった。名古屋市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻泰子(やすこ)さん。 1954年愛知大を卒業後、岩波写真文庫スタッフを経て、56年にフリーの写真家に。59年に奈良原一高、細江英公両氏らと写真家集団VIVOを設立した。長崎の被爆者や被爆遺構、米軍基地を抱える沖縄県民の暮らしなどを撮影。独自の視覚表現で知られ、欧米で写真展を開くなど海外でも高く評価された。  代表作に、沖縄の基地周辺の人たちの生活などを撮影した「占領」シリーズ、被爆した長崎を題材にした写真集「〈11時02分〉NAGASAKI」、宮古島などの離島や東南アジアの自然、風俗を取材した同「太陽の鉛筆」など。95年紫綬褒章。

関連商品

とうまつしょうめい [生]1930.1.16.愛知,名古屋[没]2012.12.14.沖縄,那覇写真家。1954年愛知大学法経学部卒業。岩波写真文庫に携わったのち,1956年フリーランスとなる。1959年,細江英公や奈良原一高らとともにセルフエージェンシーVIVOを設立。1966年,長崎県長崎市における原子爆弾の記憶をたどった『東松照明写真集〈11時02分〉NAGASAKI』を発表(→原子爆弾投下)。その後沖縄に傾倒し,1972年に移住。その成果の一つとして1975年に刊行された写真集『太陽の鉛筆』で日本写真家協会年度賞,毎日芸術賞,芸術選奨文部大臣賞を受賞した。1998年には長崎県へ移り,その後2010年に再び沖縄県へ戻った。アメリカニゼーションを戦後日本社会の最大の特徴ととらえ,長崎や沖縄へカメラを向けながらも,砂浜の漂流物やサクラ,京都といった多彩なテーマでも精力的に作品を制作した。1995年には紫綬褒章を受章し,2000年代には「長崎マンダラ」や「愛知曼荼羅」など,国内外の美術館で数多くの大規模な個展を開催した。 (引用元 コトバンク)