芸能人・経営者のおくやみ情報

今井兼次 氏(いまいけんじ)

建築家[日本]

1987年 5月20日 死去享年93歳

 - ウィキペディアより引用

今井 兼次(いまい けんじ、1895年1月11日 - 1987年5月20日)は、日本の建築家。
早稲田大学理工学部建築学科卒業。
母校の教授を長く勤め、建築作品とともに教育者として研究室から優れた建築家、研究者を多数輩出した。
東京市赤坂区(現:東京都港区)青山権田原町に生まれる。
青山尋常小学校、日本中学校(現・日本学園中学校・高等学校)を経て早稲田大学理工学部建築学科へ入学。
1919年、大学卒業と同時に助手に任命され、翌年、助教授に就任。
1926年から1927年にかけて東京地下鉄の駅舎の設計にあたり、ヨーロッパの地下鉄駅を研究するため外遊。
ソヴィエトから北欧、ヨーロッパ諸国を回り、バウハウスなどモダニズムの作品のほか、アントニ・ガウディやエストベリ、シュタイナーらの(モダニズムとは異質な)作品に触れた。
帰国後、これらの作品を日本に紹介した功績も大きく、ガウディの紹介者として草分けに当たる。
1928年の帝国美術学院(現 武蔵野美術大学)設立および1935年の多摩美術学校(現 多摩美術大学)設立にも関わり、多摩美術学校では講師を務めた。

関連作品