芸能人・経営者のおくやみ情報

アントニ・ガウディAntoni Gaudí

建築家[スペイン]

1926年 6月10日 死去享年75歳

アントニ・ガウディ - ウィキペディアより引用

『アントニオ・ガウディ』より : アントニ・ガウディ(カタルーニャ語:Antoni Plàcid Guillem Gaudí i Cornet, [ənˈtoni gəu̯ˈði i kuɾˈnɛt] 1852年6月25日 - 1926年6月10日)は、スペイン、カタルーニャ出身の建築家。
19世紀から20世紀にかけてのモデルニスモ(アール・ヌーヴォー)期のバルセロナを中心に活動した。
サグラダ・ファミリア(聖家族教会)・グエル公園(1900-14)・カサ・ミラ(1906-10)をはじめとしたその作品はアントニ・ガウディの作品群として1984年ユネスコの世界遺産に登録されている。
スペイン語(カスティーリャ語)表記では、アントニオ・ガウディ(Antonio Plácido Guillermo Gaudí y Cornet)。
生涯 誕生 アントニ・ガウディは、1852年6月25日午前9時半、カタルーニャ州タラゴナ県に、父フランセスク・ガウディ・イ・セラと母アントニア・クルネット・イ・ベルトランの5人目の子として生まれた。

映像作品

関連書籍

アントニ・ガウディ・イ・コルネット(Antoni Gaudi i Cornet) スペインのモデルニスモ期を代表する時期の建築家。1852年生まれ。1926年没(享年73歳)。当時の代表的な建築家はドメネク・イ・モンタネールで、名門の生まれ、建築学校の教授、果てはカタラン民族主義を掲げた政治家となる。一方ガウディは地方都市の職人の子として生まれ、職人気質の仕事を残している。しかしその思考、手段は非常に近代科学的な手法を使い、当時では考えられないほどの実験的な仕事を残し、これが逆に最近まで作品の評価に誤解を重ね、しかも評価が定まらなかったが、近年やっとドメネクの業績が影を顰めるほどガウディの業績が評価されるようになった。 スペイン語風に「アントニオ」と表記する例もあるが、現地表記という立場からするとカタルーニャ語である「アントニ」とする方が好ましい。 (引用元 Hatena Keyword)

「アントニ・ガウディ」と関連する人物(故人)