芸能人・経営者のおくやみ情報

渡辺啓助 氏(わたなべけいすけ)

推理作家[日本]

2002年 1月19日 死去享年102歳

渡辺 啓助(わたなべ けいすけ、1901年(明治34年)1月10日(1900年末?) - 2002年(平成14年)1月19日)は、日本の推理作家。
本名は渡辺圭介。
渡辺伊太郎・渡辺ツネの次男で、画家の渡辺東は娘、推理作家の渡辺温は実弟である。
秋田県秋田市生まれ。
セメント技師の父の赴任のため、生後まもなく北海道谷好村(現・北斗市)に、次いで1905年東京都深川に、1912年茨城県高鈴村(現・日立市)に転居。
茨城県水戸中学校(現 茨城県立水戸第一高等学校)を経て、1920年青山学院高等部英語師範科入学。
1925年同校を卒業し、群馬県立渋川中学校(現 群馬県立渋川高等学校)で英語教員となるが、翌1926年辞職し九州帝国大学(現 九州大学)法文学部史学科に入学。
西洋史を専攻した。
大学在学中の1928年、渡辺温とともに江戸川乱歩名義でエドガー・アラン・ポーの短編を翻訳、「ポー、ホフマン集 世界大衆文学全集30」(改造社)に掲載。
1929年、「新青年」の企画「映画俳優による探偵小説競作」に、当時の人気俳優岡田時彦のゴーストライターとして、処女作「偽眼(いれめ)のマドンナ」を発表。

関連書籍

わたなべ-けいすけ 1901-2002昭和-平成時代の推理作家。明治34年1月10日生まれ。渡辺温の兄。昭和4年岡田時彦の名で「新青年」に「偽眼のマドンナ」をかき,耽美的な作風で注目される。17年冒険小説「オルドスの鷹」で直木賞候補。戦後は「鮮血洋灯」「海,陸,空,のなぞ」「聖悪魔」などを発表。35年から38年まで日本探偵作家クラブ(現日本推理作家協会)会長。平成14年1月19日死去。101歳。秋田県出身。九州帝大卒。本名は圭介。 (引用元 コトバンク)