芸能人・経営者のおくやみ情報

里見義堯(さとみよしたか)

戦国大名[日本]

(天正2年6月1日没)

(ユリウス暦) 1574年 6月1日 死去

里見 義堯(さとみ よしたか)は、戦国時代の武将、安房の戦国大名。
里見氏の当主。
父は里見実堯、母は佐久間盛氏(正木通綱の同族で、三浦・正木とも称したという)の娘。
正室は土岐為頼の娘。
子に義弘、堯元、堯次、義政(一説に孫の義頼も義堯の子といわれる)。
幼名は権七郎、官職は刑部少輔。
上杉謙信、佐竹義重等と結び後北条氏と関東の覇権をめぐって争い続けたが勝敗はつかず、房総半島に勢力を拡大し、里見氏の全盛期を築き上げた。
生涯 家督相続 永正4年(1507年)、里見実堯の子として生まれる(一説に生年は永正9年(1512年)とも)。
天文2年(1533年)7月27日、里見氏の家中で内紛(天文の内訌)が発生し、後北条氏と通じていた父実堯が従兄の本家当主里見義豊に殺されてしまう。
義堯は北条氏綱の支援を受けて、重臣正木時茂と共に上総金谷城において挙兵して里見義豊を殺害し、家督を奪った(犬懸の戦い)。
従来は、凡庸な当主義豊が無実の実堯を殺害したため義堯が敵討ちをして義豊を討ったという伝承が長く信じられていたが、近年においてはこれは実堯・義堯父子が仇敵である北条氏綱と結んだクーデターの動きに義豊が対抗しようとした動きであったと考えられている。

関連作品

「里見義堯」と関連する故人