芸能人・経営者のおくやみ情報

吉沢久子 氏(よしざわひさこ)

生活評論家[日本]

(「家事評論家第1号」と呼ばれた。)

2019年 3月21日 死去心不全享年102歳

吉沢久子 - ウィキペディアより引用

吉沢 久子(よしざわ ひさこ、1918年1月21日 - )は日本の評論家。
東京都出身。
文化学院卒。
夫は文芸評論家の古谷綱武で、義弟はニュースキャスターの古谷綱正である。
速記者から始まり、古谷綱武の秘書を務めてから出会ったことをきっかけに1951年に結婚した。
生活に関することを経験に生かし評論家となったが、1969年に「“家事評論家”廃業宣言」と書き話題となる。
夫と共に勉強会の記録誌「むれ」は現在も続いている。
最近はシニアライフについて評論を執筆している。
秘書時代は文化学院、東京栄養学院、東京学院に学んだ。
外部リンク ベストライフ・オンライン(大人生活支援オンマガジン・吉沢久子)。

関連書籍

よしざわ-ひさこ 1918-昭和後期-平成時代の家事評論家。大正7年1月21日生まれ。評論家古谷綱武(つなたけ)と結婚。主婦体験をいかした記事の合理性,主体性が評価され,家事評論家第1号といわれる。高度成長期の暮らしの激変のなかで,主婦たちにあたえた啓蒙的な影響はおおきい。東京出身。文化学院卒。著作に「わが家の食生活」「ともかせぎ読本」「90歳。一人暮らしをたのしんで生きる」など。 (引用元 コトバンク)

「吉沢久子」と関連する人物(故人)