芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャック・キルビー 氏Jack St. Clair Kilby

電子技術者[アメリカ]

(IC・電卓・サーマルプリンターを発明、ノーベル物理学賞受賞)

2005年 6月20日 死去享年83歳

ジャック・セイント・クレール・キルビー(Jack St. Clair Kilby, 1923年11月8日 - 2005年6月20日)は2000年のノーベル物理学賞を受賞したアメリカの電子技術者。
1958年、テキサス・インスツルメンツ社勤務時代に集積回路(IC)を発明した。
電卓やサーマルプリンターの発明者でもある。
生涯 カンザス州グレートベンドで育った。
1947年、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で電気工学の学士号を取得。
1950年、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校で電気工学の修士号を取得した。
大学院に通うと同時に、ミルウォーキーの Centralab で働いていた。
1958年、テキサス・インスツルメンツに就職したが、年次休暇の数が足りなくて夏休みを取れなかった。
そこで同僚が夏休みで不在の間に "tyranny of numbers" と呼ばれる回路設計上の問題に取り組み、半導体の上にひとまとめに回路を形成するという解決策を導き出した。