芸能人・経営者のおくやみ情報

チェスター・A・アーサーChester Alan Arthur

アメリカ合衆国第21代大統領[アメリカ]

1886年 11月18日 死去享年58歳

チェスター・A・アーサー - ウィキペディアより引用

チェスター・アラン・アーサー(英語: Chester Alan Arthur, 1829年10月5日 - 1886年11月18日)は、アメリカ合衆国の弁護士、政治家。
第20代副大統領及び第21代大統領。
アーサーはジェームズ・ガーフィールド大統領の下で副大統領に就任する前は、弁護士として働いていた。
ガーフィールドが1881年7月2日にチャールズ・J・ギトーによって瀕死の重傷を負わされ、同年9月19日に死去すると、アーサーは大統領として宣誓し、1885年3月4日まで同職を務めた。
概要[編集] 政界に加わる前、アーサーは共和党のストルワート派に所属し、ロスコー・コンクリングから政治的な庇護を受け、ユリシーズ・S・グラント大統領によってニューヨーク港徴収官に任命された。
彼は後任の大統領、ラザフォード・B・ヘイズの改革の試みによって同職を解任された。
しかしながらアーサーは大統領として官僚機構の頂点に立つこととなった。
彼は古くからの政治上の知己を避け、結局政治の師であったコンクリングと袂を分かった。
ガーフィールド大統領の暗殺で、扱いにくい議会は公共からの圧力が高まり、大統領に留意することを強いられた。
アーサーの第一の実績はペンドルトン公務員改革法の議会通過であった。
本法の成立により、アーサーは「行政の父 The Father of Civil Service」と呼ばれるようになり、多くの歴史家から肯定的な評価を得るようになった。
作家のアレクサンダー・マクルーアはアーサーについて「 ……

推定関連画像

チェスター・A・アーサーが亡くなってから、137年と246日が経過しました。(50285日)