芸能人・経営者のおくやみ情報

ジェームズ・ポークJames Knox Polk

政治家、アメリカ合衆国第11代大統領[アメリカ]

1849年 6月15日 死去コレラ享年55歳

 - ウィキペディアより引用

ジェームズ・ノックス・ポーク(James Knox Polk [poʊk], 1795年11月2日 - 1849年6月15日)は、アメリカ合衆国の政治家、第11代大統領。
ノースカロライナ州メクレンバーグ郡 に生まれ、後にテネシー州に移住、州知事、連邦下院議員を務める。
1844年の大統領選でポークは「ダークホース」の候補であった。
彼はテキサスの併合を約束し、ホイッグ党のヘンリー・クレイを破って当選した。
ポークは第二政党制の間におけるジャクソン流民主主義のリーダーであった。
ポークは南北戦争前における、最後の「強い」大統領であった。
彼は外交政策での成功で有名である。
イギリスとの戦争の可能性を唱え、オレゴン境界紛争を決着させた。
メキシコがテキサス併合を拒絶したとき、ポークは国を米墨戦争へと導き、その勝利で領土を大きく広げることとなる。
彼は1846年にウォーカー関税を成立させ、南部からの支持を得た。
また、1913年まで続く国庫システムを確立している。
ポークは海軍士官学校とスミソニアン博物館の開設を監督し、ワシントン記念塔の起工式に立ち会い、アメリカ合衆国における最初の切手発行も監督した。
彼は大統領職を1期のみ務めると約束し、再出馬しなかった。
任期終了の3か月後に彼はコレラのため死去した。
歴史学者達は歴代アメリカ合衆国大統領のランキングにおいてポークをその課題達成能力から好意的に格付けしている。
一方で、ポークは合衆国の「重要 ……

関連作品

  • タイトル
    アメリカ大統領図鑑
    種別
    単行本
    著者
    • 米国大統領研究編纂所
    • 開発社
    出版社
    秀和システム
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥4,490
    中古商品
    ¥23より

ジェームズ・ポークが亡くなってから、172年と128日が経過しました。(62951日)