芸能人・経営者のおくやみ情報

和達清夫 氏(わだちきよお)

地球物理学者・気象学・地震学[日本]

1995年 1月5日 死去腹部大動脈瘤破裂享年94歳

 - ウィキペディアより引用

和達 清夫(わだち きよお、1902年(明治35年)9月8日 - 1995年(平成7年)1月5日)は、愛知県生まれの地球物理学者、歌人。
専門は気象学、地震学。
地震のエネルギーを現すマグニチュードは、和達の研究がヒントになって作られたものである。
また深発地震を発見したことでも知られ、和達-ベニオフ帯に和達の名が今も残っている。
子に物理学者・和達三樹がいる。
天王寺中学、東京開成中学、一高を経て、1922年4月 東京帝国大学理学部物理学科卒業。
1932年、東京大学から理学博士。
論文は『Shallow and deep earthquakes』(震源の深さによる地震の研究)。
第6代中央気象台台長を経て、初代気象庁長官に就任。
1960年、第5期日本学術会議議長に就任。
第17代日本学士院院長や埼玉大学学長、日本環境協会会長などを歴任した。
1985年に文化勲章受章。
著書 単著 『大地雲の話』(社会教育協会 1927年) 『岩波講座 物理及ビ科学 宇宙物理学・地震観測法』(岩波書店 1929年) 『地震』(鉄塔書院 鉄塔科学選書 1933年、1993年に中公文庫で復刊) 『地球と人』(岩波書店 岩波叢書 1941年) 『あく迄希望あれ 西須諸次肺病文叢第一集』(西須諸次のペンネームで執筆 自然療法社 1941年 西須諸次は「さいすもろじ」と読み、自身の専門である地震学の英語seismologyから) 『お天気博士 藤原咲平・藤原咲平の生涯』(日本放送出版協会 NHKブックス 1982年) 『地震の顔』 『海洋大事典』 共 ……

関連書籍

わだちきよお [生]1902.9.8.愛知,名古屋[没]1995.1.5.東京地震学者,気象学者。筆名,西須諸次(さいすもろじ)。1925年東京帝国大学理学部卒業,中央気象台に入る。1947年同気象台台長となり,1952年の気象業務法の施行を進めた。1956年中央気象台が気象庁に昇格した際,初代長官に就任。1960年日本学術会議会長,1963年気象庁退官後,国立防災科学技術センター所長を経て1966~72年埼玉大学学長,1974年日本学士院院長,1968~88年中央公害対策審議会会長を務めた。この間,地震計測,調査,研究に携わり,深発地震の存在を立証,その分布が海溝付近から陸側への傾斜面上に集中していることを指摘した。これはのちのプレートテクトニクスの裏づけとなった。随筆をよくし,アララギ派の歌人でもあった。1967年日本学士院恩賜賞受賞。1985年文化勲章受章。著書に『地球と人』(1949),『沈まぬ都会』(1949)など。 (引用元 コトバンク)