芸能人・経営者のおくやみ情報

須田剋太 氏(すだこくた)

画家[日本]

1990年 7月14日 死去享年85歳

須田 剋太(すだ こくた、1906年5月1日 - 1990年7月14日 )は、日本の洋画家。
埼玉県生。
浦和画家。
当初具象画の世界で官展の特選を重ねたが、1949年以降抽象画へと進む。
力強い奔放なタッチが特徴と評される。
司馬遼太郎の紀行文集『街道をゆく』の挿絵を担当し、また取材旅行にも同行した。
道元の禅の世界を愛した。
文展に入選した翌年の昭和9年には寺内萬治郎が浦和の別所沼畔のアトリエを訪れ激励し、光風会に入ることを勧められ入会した。
また、寺内萬治郎の門下生が集まる武蔵野会に参加した。
浦和画家のひとり、光風会の里見明正とは同じ熊谷中学校で、別所沼のアトリエも隣り合っていた。
また、四方田草炎や林倭衛とも交流していた。
1906年 - 埼玉県北足立郡吹上町(現:鴻巣市)で、須田代五郎の三男として生まれる。
本名 勝三郎。
1927年 - 埼玉県立熊谷中学校(旧制、現・埼玉県立熊谷高等学校)卒業。
その後浦和市(現:さいたま市)に住み、ゴッホと写楽に傾倒する。
東京美術学校(現東京芸大)を4度受験するもいずれも失敗。

画家。1906年〜1990年 埼玉県出身だが、活動の場は主に関西であった。 1971年に「週刊朝日」で連載開始の司馬遼太郎の「街道をゆく」の挿絵を担当。ダイナミックで力強いその土地の風景で多くのファンを獲得した。 1990年にこの世を去るが、同作の第35巻の「オランダ紀行」では病気療養のため、同行取材ができず、代役を立てようとしたが、その際に代役を立てず、司馬遼太郎がスケッチした挿絵でピンチを乗り切った。余談だが、同作の第37巻の「本郷紀行」からは、安野光雅が担当した。 (引用元 Hatena Keyword)

「須田剋太」と関連する人物(故人)