芸能人・経営者のおくやみ情報

山崎朝雲 氏(やまざきちょううん)

彫刻家[日本]

1954年 6月4日 死去享年88歳

山崎 朝雲(やまざき ちょううん、1867年3月22日(慶応3年2月17日) - 1954年(昭和29年)6月4日)は、彫刻家。
筑前国博多櫛田前町(現・福岡県福岡市博多区冷泉町)生まれ。
本名は春吉。
別号は羯摩。
代表作に「大葉子」。
1884年(明治17年) - 仏師・高田又四郎に師事。
1894年(明治27年) - 第4回内国勧業博覧会に出品、宮内省買い上げ。
1895年(明治28年) - 上京。
高村光雲に師事する。
1900年(明治33年) - 日本美術協会幹事。
1907年(明治40年) - 同門の平櫛田中・米原雲海らとともに日本彫刻会を結成。
1927年(昭和2年) - 帝国美術院会員。
1934年(昭和9年)12月3日 - 帝室技芸員 1937年(昭和12年) - 帝国芸術院会員。
木彫による写実的表現に新生面を開く。
1952年(昭和27年) - 文化功労者。
脚注 参考文献 山崎朝雲 美術日報社 1939(昭和美術百家選) 山崎朝雲資料集 田鍋隆男、福岡市美術館 福岡市美術館協会 1987。

関連作品