芸能人・経営者のおくやみ情報

エドゥアール・マネÉdouard Manet

画家[フランス]

1883年 4月30日 死去享年52歳

 - ウィキペディアより引用

エドゥアール・マネ(Édouard Manet, 1832年1月23日 - 1883年4月30日)は、19世紀のフランスの画家。
近代化するパリの情景や人物を、伝統的な絵画の約束事にとらわれずに描き出し、絵画の革新の担い手となった。
特に1860年代に発表した代表作『草上の昼食』と『オランピア』は、絵画界にスキャンダルを巻き起こした。
印象派の画家にも影響を与えたことから、印象派の指導者あるいは先駆者として位置付けられる。

関連作品