芸能人・経営者のおくやみ情報

エドゥアール・マネÉdouard Manet

画家[フランス]

1883年 4月30日 死去享年52歳

 - ウィキペディアより引用

エドゥアール・マネ(フランス語: Édouard Manet, 1832年1月23日 - 1883年4月30日)は、19世紀のフランスの画家。
ギュスターヴ・クールベと並び、西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人である。
マネは1860年代後半、パリ、バティニョール街の「カフェ・ゲルボワ」に集まって芸術論を戦わせ、後に「印象派」となる画家グループの中心的存在であった。
しかし、マネ自身が印象派展には一度も参加していないことからも分かるように、近年の研究ではマネと印象派は各々の創作活動を行っていたと考えられている。
生涯 マネは1832年、パリのセーヌ川左岸の一角で対岸にルーブル宮殿を望むボナパルト街で、謹厳なブルジョワの家庭に3人兄弟の長男として生まれた。
父は法務省の高級官僚でレジオンドヌール勲章も授与されており、母ウジェニーはストックホルム駐在の外交官フルエニ家の娘であった。
1844年名門中学コレージュ・ロランに入学。
この頃から画家になることを考え始め、美術好きの伯父フルエニ大佐に連れられ、ルーブル美術館などで古典絵画作品に親しく接する。

関連作品