芸能人・経営者のおくやみ情報

フェリペ4世Felipe IV

スペイン国王[スペイン]

1665年 9月17日 死去享年61歳

フェリペ4世 - ウィキペディアより引用

フェリペ4世(Felipe IV, 1605年4月8日 - 1665年9月17日)は、スペイン、ナポリ・シチリアの王(在位:1621年 - 1665年)、ポルトガルの王(在位:1621年 - 1640年)。
ポルトガル王としてはフィリペ3世。
フェリペ3世と王妃マルガリータの息子。
生涯 16歳の若さで即位したこともあって、その治世の前半は国政のほとんどを寵臣オリバーレス公伯爵に一任していた。
ただし残された公文書を見ると、1630年代(このときフェリペは20代後半~30代)以降はオリバーレス公伯爵の言うがままというわけでもなかったようである。
1643年にオリバーレス公伯爵を更迭した後は、その甥ルイス・メンデス・デ・アロを首席大臣に起用した。
フェリペ4世の治世のスペインは、なおヨーロッパの強国としての地位を保ってはいたし、文化面でも絵画のディエゴ・ベラスケス、フランシスコ・デ・スルバラン、アロンゾ・カーノ、バルトロメ・エステバン・ムリーリョ、ホセ・デ・リベーラ、あるいはスペイン領ネーデルラントの宮廷に仕えたルーベンスら、文芸ではロペ・デ・ベガ、ペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカ、ゴンゴラ、フランシスコ・デ・ケベードら、他国を圧する才能を輩出していた。

関連書籍

フェリペよんせいFelipeIV [生]1605.4.8.バリャドリド[没]1665.9.17.マドリードスペイン王(在位1621~65),フェリペ3世としてポルトガル王(在位21~40)。フェリペ3世と神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の妹マルガレーテの長男。前代に続いて寵臣政治を行い,宰相オリバレスに政治をまかせ,王自身は乗馬,狩猟を楽しみ,美術,文学の保護者として趣味の生活に没頭し宮廷は奢侈に流れた。オーストリアに味方して三十年戦争に参加(36)。強圧的な絶対主義支配は国内カタルニャに反乱を惹起(40)する一方,ポルトガルは再び独立した(40)。オリバレスは責任を問われて免職となり,一時親政が行われたが,まもなくオリバレスの甥のL.アロが宰相に任命され寵臣政治が続けられた。ウェストファリアの講和(48)ではネーデルラントの独立を正式に承認させられ,対フランス戦争の結果はピレネー条約で決定され,スペインはフェリペ4世の娘マリ・テレーズをフランス王ルイ14世の妃とすること,アルトワ,ルーシヨンなどをフランスに割譲することとなり,いずれも不利な結果に終った。イギリス,オランダの西インド貿易への進出,国内産業の衰退などはスペインの国力を弱め,教会の支配力のみが強力であった。しかし彼の保護により,芸術方面では宮廷画家ベラスケス,その弟子ムリリョらが輩出し,スペイン大帝国繁栄の残照をとどめた。 (引用元 コトバンク)