芸能人・経営者のおくやみ情報

真継伸彦 氏(まつぎのぶひこ)

作家[日本]

2016年 8月22日 死去急性肺炎享年85歳

真継伸彦(まつぎ のぶひこ、1932年3月18日- )は日本の作家。
元・姫路獨協大学教授。
京都市生れ。
京都大学文学部卒。
人と作品 大学卒業後の1954年に上京し、創元社の校正アルバイトに就き、1955年に専修大学図書館に就職。
同人誌「半世界」に「杉本克己の死」の一部を発表。
一向一揆を題材にした小説を構想しながら、1961年から青山学院大学ドイツ語非常勤講師となる。
1963年、盗賊から浄土真宗に帰依する男を描いた小説『鮫』で文藝賞を受賞。
これに第二篇を加えて翌年刊行、また中村錦之助主演で東映で映画化された。
同じく一向一揆を扱った続編『無明』『華厳』や、『親鸞』など、信仰の問題を追求した作品が多い。
宗教小説以外の代表作としては、スターリン批判とハンガリー動乱に揺れるある大学の共産党細胞の苦悩を描いた『光る聲』。
実際にあった事件をモデルに、党の上部組織を批判できない立場の悲喜劇を「受難としての生命現象」として捉えている。
他には『青空』、エッセー集『破局の予兆の前で』などがある。
高橋和巳、小田実、柴田翔らと同人誌「人間として」、及び「使者」で活動。

【まつぎのぶひこ】 小説家。京都市生れ。京大独文科卒。家庭環境や戦時下の抑圧,死の恐怖を味わった体験などから,仏教に基づく独自の死生観・非暴力思想を抱く。《鮫》(1963年。文芸賞),《無明》(1970年)連作で仏教と政治の問題を,《光る声》(1966年)で政治における知識人の思想的動揺を扱った。他に《わが薄明の時》《林檎の下の顔》《青空》など。現代語訳《親鸞全集》5巻もある。 (引用元 コトバンク)