芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨハン・グスタフ・ドロイゼンJohann Gustav Bernhard Droysen

歴史学者政治家[ドイツ]

1884年 6月19日 死去享年77歳

 - ウィキペディアより引用

ヨハン・グスタフ・ドロイゼン(ドイツ語: Johann Gustav Bernhard Droysen、1808年7月6日 – 1884年6月19日)は、プロイセン王国ポンメルン州トレプトウ(英語版)生まれ、ドイツの歴史家、政治家。
歴史家として特にギリシャ史を研究し、アレクサンドロス大王以後の時代について「ヘレニズム」を提唱した最初の人物である。
また、政治家としてはドイツ三月革命が1848年に起こるとフランクフルト国民議会の議員となり、プロイセンを中心とするドイツ統一を主張してプロイセン学派を牽引した。

関連作品