芸能人・経営者のおくやみ情報

勅使河原霞 氏(てしがはらかすみ)

華道家・草月流二代目家元[日本]

1980年 8月6日 死去脳腫瘍享年49歳

 - ウィキペディアより引用

勅使河原 霞(てしがはら かすみ、1932年10月20日 - 1980年8月6日)は、華道家、草月流二代目家元。
勅使河原蒼風の長女として東京に生まれる。
勅使河原宏の妹。
白百合学園中等部卒業。
1953年草月流師範として教室を開き、1957年草月会副会長。
絵画や彫刻、装幀などでも活躍。
裏千家三男との縁談が進んでいたが、商社に勤める妻子持ちの武田陽信と恋愛関係となり1956年12月結婚。
武田との結婚を機にいったん草月から離れたが、蒼風の強い希望により復帰。
武田とは後に離婚。
蒼風没後の1979年2代家元を継ぐが、脳腫瘍のため翌年三井記念病院で死去した。
享年47。
何事にも完璧主義だが他人には人一倍気を遣い、持ち前の美貌もあって人望溢れる大変魅力的な人柄だったという。

関連作品