芸能人・経営者のおくやみ情報

マイケル・サタ 氏Michael Chilufya Sata

政治家大統領[ザンビア]

2014年 10月29日 死去享年78歳

 - ウィキペディアより引用

マイケル・チルフヤ・サタ(英語: Michael Chilufya Sata、1937年7月6日 - 2014年10月28日)は、ザンビアの政治家。
同国の第5代大統領(在任:2011年9月23日 - 2014年10月28日)。
現在の与党である愛国戦線(PF)の創設者にして党首だった。
信教はローマ・カトリックである。
旧イギリス保護領北ローデシアのムピカ出身。
1963年に政界に入り、1985年に統一民族独立党(英語版)(UNIP)に入党。
ザンビアで複数政党制が認められた1991年からは複数政党制民主主義運動(MMD)に所属。
2001年、サタはフレデリック・チルバ大統領の後継候補にレヴィー・ムワナワサ副大統領が推されたことに反発しMMDを離れ、新たにPFを結党した。
2001年に実施された大統領選挙・国民議会選挙においてPFは大敗し、ただ1議席のみしか得られなかった。
5年後の2006年の選挙では現職のムワナワサ大統領に得票率29%対43%で敗れた。
選挙期間中、サタは、中国資本を国内から追い出すことを公約し「日本の方が我が国に貢献している」と発言している。
2008年、ムワナワサの死去により臨時に実施された大統領選挙では、大統領代行のルピヤ・バンダに38%対40%で敗北した。
2011年9月、サタにとって4度目の大統領選挙では得票率43%対36%でバンダに勝利。
PFは結党以来初めて与党となり、同時に20年間続いたMMD政権は終わりを迎えた。
サタはその舌鋒の鋭さから「キングコブラ」の異名を持ち、以前から銅の採掘を求めて国内に進出してくる中 ……

関連作品

マイケル・サタさんが亡くなってから、7年と40日が経ちました。(2597日)

「マイケル・サタ」と関連する故人