芸能人・経営者のおくやみ情報

宮本正 氏

テノール歌手[日本]

2014年 3月3日 死去誤嚥性肺炎享年95歳

宮本 正太郎(みやもと しょうたろう、1912年12月1日 - 1992年5月11日)は、日本の天文学者。
荒木俊馬の弟子の1人で、惑星気象学の開拓者として有名。
広島県出身。
1936年:京都帝国大学理学部宇宙物理学科を卒業し、同大学の講師となる。
1943年2月: 京都大学 理学博士 論文は「電離理論による遊星状星雲の研究 」。
1943年7月:助教授に昇任。
1948年:教授に就任。
1958年:京都大学付属花山天文台長に就任。
1976年3月:定年退官。
1992年永眠 2007年火星の大型クレーター、宮本正太郎博士にちなみMiyamotoと命名 業績 中性子星の研究(1941)は数少ない先駆的業績 世界で初めて太陽のコロナが100万Kであることを立証した(1942)。
著書 単著 『初等天文学論 再版』(恒星社厚生閣 1949年) 『天文学總論』(丸善 1951年) 『星の観測と研究』(三省堂 理科文庫 1951年) 『初等天文学』(朝倉書房 1953年) 『地学教育講座』(福村書店 1955年) 『天文学概論』(朝倉書房 1956年) 『宇宙の構成』(六月社 1958年、1979年講談社学術文庫に収録) 『概論天文学』(地人書館 1963年) 『宇宙とは何か』(講談社 ブルーバックス 1967年) 『宇宙科学入門』(朝倉書房 1970年) 『宇宙天体と気象』(学習研究社 学習の図鑑 1971年) 『星と話そう』(PHP研究所 1973年) 『火星観測のテクニック・ことしは火星観測のチャンス』(地人書館 天文と気象臨時増刊 1973年) 『惑星と生命』(講談社 ブルー ……

関連作品