芸能人・経営者のおくやみ情報

若山彰 氏(わかやまあきら)

歌手[日本]

1998年 12月9日 死去享年72歳

若山 彰(わかやま あきら、1927年7月4日 - 1998年12月9日)は、日本の歌手。
広島県三原市出身。
武蔵野音楽大学卒業。
元妻は「花の素顔」「マリモの唄」などで知られる歌手の安藤まり子。
墓所は広島県三原市の香積寺にある。
広島県で繊維問屋を営む家に生まれ、不自由なく育つ。
幼少の頃より歌好きであったが、旧・広島文理科大学在学中に出場した音楽コンクールで3位入賞を果たしたことで、本格的に歌の道を志し、武蔵野音楽学校へ入学し直す。
当初はオペラ歌手を目指していたが、在学中に伊藤久男の「イヨマンテの夜」のバックコーラスのアルバイトをしたことで流行歌の魅力にとりこになり、作曲家の米山正夫に師事。
大学卒業後の1951年、24歳で日本コロムビアから「星空」でデビュー。
同年、久慈あさみ主演の新東宝映画「牝豹の地図」には流しの役で出演している。
しかしヒット曲はなく、下積み生活を続ける。
1953年には安藤まり子と結婚し、一女をもうけるも1956年に離婚。
1957年、映画『喜びも悲しみも幾歳月』の同名主題歌に抜擢、映画と共に主題歌も大ヒットし、一躍若山の名は知れ渡り、人気歌手の座を不動のものにした。

関連作品